そば屋放浪記 喜多見 「志美津や」

 

 

今回は狛江に用事があったので喜多見の「志美津や」さんへ行ってきました。
お金をおろすのを忘れてしまい、駅から往復したため店に入る時にはだいぶお疲れ。
しかも、冷たい小雨の降る中で芯まで冷えてしまいました。

12時前ですでに8割くらい席が埋まっていて、一人でしたが4人席に座りました。

仕方ないとはいえ、同業者なので一人で4人席を占領するのは心が痛みます。

蕎麦だけというのも申し訳ないので、席につくなりお燗とおつまみを注文しました

サラリーマン風の人たちも飲んでいる人がいましたね。

結構、こういう使われ方しているのかもしれません。

 

 


メニューは割とシンプルでいくつかは写真もついています。
板わさや鴨焼きなど定番のものが多いですね。
蕎麦に関してはかなりこだわりがあるようでせいろだけで
4種類くらいありました。
お酒のなくなったタイミングで蕎麦の注文に入りますが、
悩みますねー。
外が寒かったので温かいものでも良かったのですが、
やはりここまでこだわりがあるならせいろでいきましょう。
定番の細打ちせいろと太打ちの田舎せいろの二色盛りに
しました。
まずは細打ちから食べてみます。
うん、蕎麦のいい香りがしてうまい!
のど越しもいいです。
太打ちのほうは見た目からしてなかなかインパクトありますね。
こちらはすするというよりもぐもぐ噛みしめる蕎麦です。
こちらもなかなかのお味。
ただ、いつも食べ比べて思うのは、黒い蕎麦(玄蕎麦)よりも
普通の蕎麦(丸ぬき)の方が蕎麦の香りを強く感じるということです。
個人的な印象かもしれないですが、他のお店でも同じような印象を
持つことが多い気がしますね。
多分、玄蕎麦に含まれるえぐみが蕎麦の香りを邪魔しているのでは
ないでしょうか。
出汁もしっかりかつおの味が効いていて、これまたうまいっす。
ごちそうさまでした。

 

志美津や

東京都狛江市東野川4-13-5

03-3489-0381

11:30~20:00(L.O)

6日・16日・26日(土曜・日曜の場合は変更あり)