そば屋放浪記 水天宮前 「浜町 かねこ」

 

当店はもともと蕎麦屋として開業し、去年の10月よりうどん屋へ業態を変更しております。

諸々の事情があるのですが、蕎麦が嫌いになったというこは全くなく今でも蕎麦は大好きです。

そして、蕎麦屋巡りも相変わらず続けておりました。


そこで、今回から「うどん屋放浪記」だけでなく「そば屋放浪記」も始めたいと思います!

実は行ったことのあるお店はうどん屋より蕎麦屋の方が断然多いんです笑。


そして記念すべき第1回目は、私の兄弟子である金子先輩が開業した「浜町 かねこ」です!

オープンしたのは8月18日とまだ1カ月も経っておりません。

しかし、蕎楽亭で10年腕を磨いた金子さんですから、そのクオリティは折り紙つきです。


お店の場所は水天宮前駅から5分程度の閑静な住宅地。

ガソリンスタンドのすぐ後ろでした。

ぐるっと回ってみましたがあまり飲食店は多くない地域ですねー。


建物は新築で非常にきれいです。

1階がカウンターと小上がりで2階にテーブル席や打ち場があります。

ただ、まだ職人が少ないため2階はほとんど使っていないとのこと。

これだけの席数を金子さん一人でさばくのは限界があるので仕方のないことだと思います。

もし浜町かねこで働きたい方は是非連絡してみて下さい!!

 


開店祝いのお土産を渡してから、早速ビールと

おつまみを注文。

牛スジの煮込みと出汁巻きを頼みました。

やはり出汁巻きは鉄板で美味いっすねー。

 

日本酒の種類も福島県の地酒を中心に15種類

くらいありました。

特に五ノ井酒店の「央」シリーズは置いている

お店が少ないので一度頼んでみるといいと思います。

 

そして、天ぷらは必ず頼んで欲しい一品。

活けの才巻海老や穴子はどれも鮮度が良く

美味しいです。

そして、カウンターで泳いでいる稚鮎は

丸ごと一匹食べられます。

揚げた後でも、今にも泳ぎだしそうなその姿は

鮮度がいい証拠ですねー。

 

お蕎麦はもちろんむぎめおと。

手打ちの冷麦はつるつるでみずみずしく仕上がっています。

お蕎麦は微粉で喉越し重視という感じでした。

ある程度落ち着いたら、荒挽きとかもやってくれると

思います。

 

正直、「どれも美味い!」

大満足の内容でしたー。

天ぷら屋さんに行ったら、このクオリティとボリュームで

こんなリーズナブルに食べられるはずがありません。

 

もう少し金子さんともお話をしたかったのですが、1時間もすると

バタバタとしてきたので失礼しました。

お元気そうでなによりです。

また伺いますね。

 

ちなみにこのブログを見ている人だけにプチ情報です。

「お昼はおつまみのメニューがない」と食べログに書かれていますが、

店員さんにおつまみメニューを見せてくれと言えばおそらく頼めます。

ただ、ちゃんと確認は取っていないのでこっそり聞いてみて

下さい。

また、忙しそうな時もできれば控えてもらえると個人的には

嬉しいです。

 

ごちそうさまでした。

 

 

浜町かねこ

東京都中央区日本橋浜町3-7-3

03-4291-3303

[月] 17:30~21:00

[火~金] 11:30~14:00 17:30~21:00

[土] 11:30~14:00